CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
google
yahoo
My Yahoo!に追加
MOBILE
qrcode
<< 新型インフルエンザの予防 | main | インフルエンザ 対策商品 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
新型インフルエンザ用のワクチ
 新型インフルエンザ用のワクチン」は、新型インフルエンザウイルスが発生しないと製造することができません。 現時点では、新型インフルエンザウイルスが存在しないため、ワクチンもありません。 しかし、日本を含む先進工業国では、これまでの鳥からヒトへ感染した事例から分離されたウイルスを元にワクチン用に開発された種ウイルスから、A/H5N1亜型のインフルエンザウイルスに対するワクチンを開発しています。 本邦においては、平成18年から19年にかけて臨床試験が行われており、平成19年度に認可申請が予定されています。 ただし、このワクチンはベトナムで流行したA/H5N1亜型のウイルスをもとに作成されており、現在のA/H5N1亜型からパンデミックが発生したとしても、そのときには抗原性は変化していることが考えられるため、パンデミックとなったときのウイルスに効果があるかどうかはわかりません。 したがって、このワクチンは「プレパンデミックワクチン」という位置づけになり、新型インフルエンザ用のワクチンではありません。実際にはパンデミックになった際に、そのときのウイルスを使用して製造される「パンデミックワクチン」が必要となります。  しかしながら、パンデミックワクチンはあくまでパンデミックが発生してからでないと製造できませんし、その製造には、ウイルスが発見されてから少なくとも6カ月間かかります。 このため、最初のパンデミック第一波には間に合わないので、状況によっては、少なくとも基礎免疫をつけることができる「プレパンデミックワクチン」を接種することも考えられています。

| インフルエンザ | 05:13 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 05:13 | - | - | pookmark |